ウエハマ歯科医院HOME院長紹介・著書スタッフ紹介アクセス・地図皆さまの声クリニックブログ

歯周病

お口の中の病気

歯周病とは、歯周病菌と呼ばれる細菌が、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に感染することにより、歯ぐきが炎症を起こし、歯ぐきの中にある歯槽骨(顎の骨)を溶かしてしまう病気です。
歯垢や歯石がたまると、歯と歯ぐきとの境目や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖し、歯周病を引き起こします。歯周病が進行すると、歯ぐきから出血し、膿が出て、口臭も強くなります。歯槽骨が溶かされてしまうと、最終的には歯が抜けてしまいます。 歯周炎があると、十分に噛めない、笑えないなどの肉体的、精神的な障害を招きます。




全身の病気(特に生活習慣病など)を引き起こす怖い歯周病

近年では歯周病菌は口の中だけではなく、心疾患、糖尿病、脳血管疾患などの生活習慣病、低体重児出産や誤嚥性肺炎、ガンなど全身の様々な疾患に影響を与えることが報告されています。
歯周病は、青年期、壮年期、高齢期の生涯にわたる怖い病気です。また若年者から高齢者の70−90%が歯肉炎、歯周炎に罹患しています。国民の皆さんが最も多く罹っている病気が歯肉炎、歯周炎です。

歯周病の治療をお考えの方は茨城、土浦市とつくば市から来院の多いウエハマ歯科医院へお気軽にご相談ください。
歯周病の認定医、噛み合わせの指導医、足りない歯を作る分野(差し歯、入れ歯、ブリッジ、インプラントなど)の専門医の複数の資格を有する日本では数少ない歯科医師の院長が総合的にご相談、診療をさせていただきます。
当院では、皆様のご来院をお待ちしております。






Copyright (c) All Rights Reserved.